レジャー・文化施設

レジャー

埼玉県こども自然動物公園(東松山市)

コアラやキリン、ペンギンなど200種1,600頭羽の動物がいます。小動物と触れ合えるコーナーをはじめ、乗馬や乳しぼりが楽しめるコーナーなど人気コーナーが揃っています。正面には「天馬の塔」がそびえ、こどもの城や実物大の恐竜、ビアトリクス・ポター資料館があり夢をかきたてます。

岩鼻運動公園(東松山市)

陸上競技場、テニスコート、サッカー場、ソフトボール場等が整備されている運動場です。園内には芝生広場や雑木林ゾーンなどもあり、春にはサクラの花見を楽しむ人でいっぱいになります。

千年谷公園(東松山市)

野球場、テニスコートなどのスポーツゾーンと、雑木林の中の散策路、池、芝生広場などの自然に親しむゾーンの二つが組み合わさった公園です。また園内には、斜張橋である「山の辺橋」が架かっており、美しい景観を作っています。

嵐山渓谷バーベキュー場(嵐山町)

京都嵐山の風景を思わせる槻川の渓谷と山並。この玄関口に位置する嵐山渓谷バーベキュー場は、豊かな自然を肌で感じることのできる施設です。バーベキューに必要なレンタル用品や売店・近代的なトイレも完備していますので、どなたでも安心して楽しむことができます。

仙元山 見晴らしの丘公園(小川町)

仙元山の中腹にある自然を生かした公園です。この公園の目玉でもある、すばらしい眺望とスリルを誇る203mのローラーすべり台は、子どもから大人まで楽しめます。天気の良い日に展望台から見下ろす小川町の景観はすばらしく、文字通りの見晴らしです。また、展望台の下の芝生でのんびり過ごすのも格別です。

官ノ倉山ハイキングコース(小川町)

官ノ倉山(344m)は低山だが、行程は意外に変化に富み、歩きごたえがあります。また、低山ながら眺めもよいファミリーハイク向きコースとなっています。帰りの小川町駅周辺では、酒造見学や老舗の味などが楽しめるお店もあります。

木のむらキャンプ場(ときがわ町)

都幾川上流の渓流沿いにある木々に囲まれたキャンプ場。バンガローやテント、オートサイトがあり、水洗トイレや炊事場、シャワー室、キャンプファイヤー場も完備。

さいたま・武蔵丘陵サイクリングロード(滑川町)

菜の花だらけのサイクルゾーン
荒川の堤防上にあり、JR京浜東北線北浦和駅徒歩3分の北浦和公園から、滑川町の武蔵丘陵森林公園までを結ぶ自転車専用道路で、全長45.6kmのコース、四季おりおりの自然を満喫しながらサイクリングが楽しめます。

埼玉県立小川げんきプラザ(小川町)

豊かな自然の中でさまざまな活動ができる施設。プラネタリウムや宿泊施設のある本館のほかにバンガローもあります。

ポンポン山(吉見町)

八丁湖の北約1Kmのところにある高台の末端の岩山の丘。高さ20m余りで中腹で飛び跳ねて地面を踏むと太鼓のごときポンポンとひびきを発するのでポンポン山といいます。

八丁湖(吉見町)

美しい山肌に囲まれ、清い水をいつも見られる八丁湖は、四季折々に美しい姿を見せてくれます。周辺には散策路があり、ゆったりとしたひとときを楽しみに多くの人々が訪れています。

白石キャンプ場(東秩父村)

横を槻川が流れ、杉木立に囲まれてバンガローが並ぶ白石キャンプ村は、自然のままの水遊びを体験できるのが特徴です。6月下旬から7月上旬にはホタルの鑑賞もできます。

ふれあい牧場(東秩父村)

秩父高原牧場内の施設「ふれあい牧場」では、のんびりとした牛の姿とともに秩父連山のダイナミックな風景を楽しむことができます。「モーモーハウス」では、牛乳パックを使った紙すきコーナーや、手作りアイスクリーム、牛乳うどんなどの体験実習もできます。

国営武蔵丘陵森林公園(滑川町)

明治百年記念事業として昭和47年に開園。豊かな自然と四季折々の鮮やかな花に彩られ、のんびりとレクリエーションを楽しむことができる素晴らしい自然公園です。

学校橋河原(嵐山町)

デイキャンプを楽しめる都幾川の河原。水洗トイレ完備。

文化施設

丸木美術館(東松山市)

原爆被害を受けた広島の惨状を、丸木位里・俊夫妻が「原爆の図」として描きました。この絵からは原爆の惨状とともに、怒り、悲しみ、嘆き、そして、平和へのメッセージが伝わってきます。

埼玉県平和資料館(東松山市)

戦争の悲惨さと平和の尊さを人々に伝え、平和に対する意識を高めてもらうための施設。県民から寄せられた戦前・戦中に関する資料を中心に展示している。高さ約40メートルの展望塔からは、富士山やスカイツリーを望むことができる。

エコミュージアムセンター(滑川町)

滑川町の自然や文化をまるごと博物館(エコミュージアム)に見立て、活用するための拠点施設です。ここでは「ミヤコタナゴ」の保護活動をはじめ、「谷津の里・滑川」に関する各種情報の収集や提供を行います。

嵐山史跡の博物館(嵐山町)

菅谷館跡の一角にある博物館。様々な遺物や再現パノラマ、映像などを通して比企地域の歴史をわかりやすく体験できます。

和紙の里(東秩父村)

清流を利用し、盛んに行われてきた紙漉きの技術を守り伝えているのが「和紙の里」。実演や体験学習が行われる和紙製造所のほか、ギャラリー、研修会館、17世紀末の紙漉き民家の復原家屋などがあり、なつかしい伝統文化に触れることができます。

遠山記念館(川島町)

遠山記念館は、川島町の遠山元一氏(日興證券の創設者)の邸宅で昭和11年の竣工。がっしりとした門構、日本庭園など日本家屋の美しさを堪能させてくれます。遠山氏が長年蒐集した美術品も展示されています。

安岡正篤記念館(嵐山町)

安岡正篤は昭和2年に日本農士学校を創立し、東洋思想に基づく農村青年の教育を行いました。その足跡を伝え、東洋思想に関する文献を収蔵する記念館。

吉見町埋蔵文化センター(吉見町)

吉見百穴に隣接。吉見町の埋蔵文化財を収蔵展示。勾玉づくりなどの講座も行っています。

地球観測センター(鳩山町)

Copyright (C) 2010 比企地域元気アップ実行委員会 All Rights Reserved.