歴史・史跡

廣徳寺大御堂

広徳寺の大御堂とは、浄土信仰の盛んな平安末期から鎌倉期にかけての阿弥陀堂のことを意味し、13世紀の初め尼将軍北条政子が美尾屋十郎広徳の菩提を弔うため、美尾屋氏の館跡に建立したものと伝えられています。本堂は室町時代の初期ないし中期ごろに再興されたものと言われています。方三間の寄棟造、茅葺で関東地方らしい風格を帯びた堂姿を示す数少ない唐様佛堂です。

場所 川島町大字表76
詳細マップへ
オススメ時期
拝観時間
拝観料金
施設 トイレ
売店
レストラン
バリアフリー対応
交通アクセス JR川越線・東武東上線川越駅から東武バス桶川駅行きで「牛ヶ谷戸バス停」下車徒歩約10分
駐車場
ホームページ
お問い合せ 川島町生涯学習課 電話:049-297-1611

Copyright (C) 2010 比企地域元気アップ実行委員会 All Rights Reserved.