歴史・史跡

松山城跡

松山城は、市の川が形成した広大な低湿地帯にかこまれている丘陵の先端に築かれた、北武蔵地方屈指の山城です。応永年間(1394年〜1428年)と推定される築城以来その名を中世史に登場させています。徳川家康の関東入国以降は、一時、松平家広が城主となるが、弟の松平忠頼のときに浜松に移封され廃城となりました。

場所 吉見町大字北吉見1-1
詳細マップへ
オススメ時期
見学時間
見学料金 無料
施設 トイレ
売店
レストラン
バリアフリー対応
交通アクセス 関越自動車東松山ICより鴻巣方面へ約5km
駐車場
ホームページ http://www.town.yoshimi.saitama.jp/
お問い合せ 電話:0493-54-9111

Copyright (C) 2010 比企地域元気アップ実行委員会 All Rights Reserved.