B級グルメ紹介

かわじま呉汁

かわじま町の郷土食

寒い季節には「かわじま呉汁」がおすすめです。
栄養豊富な大豆をすりつぶしたもの(呉)を汁仕立てにした「呉汁」は、川島町に伝わる冬の郷土料理です。すべて国産大豆を使い、10種類以上の野菜といもがらを加え、旨みと栄養を凝縮した料理が「かわじま呉汁」の特徴です。美容と健康、そして冷え性の方にもおすすめの料理を、お店それぞれで研究された味で、ぜひご賞味ください。
期間限定の取り扱いです。(販売期間11月〜3月まで)

かわじま呉汁レシピ

材料(4人前)
作り方
  1. 大豆を洗ってたっぷりの水に一晩つけておく。
  2. すり鉢で少し粒が残るように大豆をすり潰し「呉」を作る。
  3. だし汁に10種類以上の野菜を入れ、火が通ったら「呉」を入れる。
  4. 大豆が柔らかくなったら、水で戻した芋がらを入れ、味噌で味を付けて完成。
注意点
  1. 大豆を煮ると白い泡がたくさん出てきますが、この泡はガン予防になる抗酸化成分のサポニンなのでとらないように注意してください。
  2. 大豆は潰しすぎると歯ごたえがなくなってしまいます。また、少々面倒ですが、すり鉢であたった方が美味しく召し上がれます。
  3. 芋がらはアクの強い食品ですのでご注意願います。また、水で戻しすぎたり煮込みすぎたりするとシャキシャキの食感が損なわれます。最大の特徴を生かすよう調理してください。
  4. 味付けは特に決まっていませんので、味噌でなく醤油・塩をベースにしても構いません。また、ダシに関しても特に決まっていませんので自由にアレンジして下さい。
お問い合せ 川島町商工会 電話:049-297-6565 FAX:049-297-6566
ホームページ 商工会HP http://www/kawajima.or.jp

Copyright (C) 2010 比企地域元気アップ実行委員会 All Rights Reserved.