B級グルメ紹介

すったて

かわじま町の郷土食

「すったて」とは、別名「冷汁うどん」とも呼ばれ、暑い季節にもってこいの夏の郷土料理です。
すり鉢で胡麻と味噌と合わせ、更に採ってきたばかりの大葉、胡瓜、茗荷などの夏野菜を合わせて一緒にすります。最後に冷たい水を入れ、良く混ぜて付け汁としてうどんを食べます。
川島町内の飲食店では、地元の食材を使い、つけ汁や麺に工夫を凝らしています。そして、この「すったて」は、うどんだけではなく、ご飯にかける食べ方もあり、川島町ではポピュラーな夏の健康食です。
期間限定の取り扱いです。(販売期間5月〜8月)

すったてレシピ

材料(2人前)

※味噌の種類はお好みによります。

作り方

手順1

手順2

注意点

シソの葉の枚数、味噌の量、砂糖の量はお好みで調節しましょう。味噌の種類はくふうして独自の冷汁をお作りください。

お問い合せ 川島町商工会 電話:049-297-6565 FAX:049-297-6566
ホームページ 商工会HP http://www/kawajima.or.jp

Copyright (C) 2010 比企地域元気アップ実行委員会 All Rights Reserved.